キャットフードには固さの種類があります

キャットフードには、固さの種類があることをご存じでしょうか。 固さの種類には、ドライフード、セミドライフード、ウエットフードの3種類がありますので、愛猫の状態や性質に合わせてキャットフードを選ぶとよいでしょう。

ドライフードのキャットフードは栄養面でもバランスが取れています。ある程度の固さがあるため、ドライフードを食べ続けることによって、愛猫の歯周病の予防や歯を丈夫にさせる効果があります。ドライフードはキャットフードの中でも値段がお手頃です。また保存期間も長いので、防災用としてストックしておくことも可能でしょう。

次にセミドライフードと呼ばれるキャットフードがあります。このキャットフードは半生状態であるため、愛猫が食べやすいことでしょう。ただ栄養バランス面ではドライフードに比べると低下してしまうため、気を付ける必要があります。普段はドライフードのキャットフードを与え、愛猫の体調が悪いときには、セミドライフードのキャットフードを与えてもよいでしょう。

ウェットフードのキャットフードは水分保有量の高いキャットフードです。缶詰に入れられており、愛猫が一番喜ぶキャットフードの形状でもあり、ご馳走感があります。ただ栄養価が悪いので、猫の体調に合わせてドライフードや、セミドライフードと組み合わせてあげるとよいでしょう。ウェットフードは愛猫の食欲不振時にあげる、などキャットフードは目的別で与えるとよいでしょう。

↑ PAGE TOP